持続可能な開発目標(SDGs)に関する研修会(かながわ地球環境保全推進会議 行政部会)の開催

「持続可能な開発目標(SDGs)」は2015年9月に国連で採択され、日本政府より昨年12月に実施指針が公表されており、世界各国において、どのようにこの目標達成に取り組んでいくか大いに関心が高まっており、地方自治体もあらゆるステークホルダーと協力してSDGsに取り組むこととしています。

今回は、神奈川県の行政部会委員、県及び県内自治体職員を対象にSDGsへの理解を深め、自治体としての今後の施策展開の参考としていくため、IGESより石井統括研究ディレクターと宮澤コミュニケーション・マネージャーを講師として講演会が開催されました。当日60名もの県内職員が出席し、「持続可能な目標(SDGs)とは?国内外の取組み状況と自治体による推進に向けて」といったテーマでわかりやすくSDGsについて説明があり、参加者からは、SDGsについて勉強になった、自治体として何をすべきか考えていきたい、等の感想が寄せられました。

日 時 2017年5月31日(水)10:00-12:00 (受付 9:30~)
場 所 神奈川県庁本庁舎3階大会議場
主 催 かながわ地球環境保全推進会議事務局
言 語 日本語
参加者 60名
プログラム

(1) 持続可能な目標(SDGS)とは?国内外の取組み状況と 自治体による推進に向けて

  • 講演者:(公益財団法人地球環境戦略研究機関)
  • 統括研究ディレクター/プリンシパル・フェロー 石井哲也 PDF(2.1MB)
  • コミュニケーション・マネージャー/政策研究員 宮澤郁穂 PDF(2.8MB)

(2) SDGsに関する各自治体からの情報提供・意見交換

ページの先頭へ戻る