Session

気候変動に打ち勝つ3つの道

長期脱炭素戦略:円滑な変革への道筋

パリ協定では、産業革命前からの気温上昇を2℃より十分に低く抑える長期目標を掲げたうえで、さらに1.5℃に抑える努力を追及していくとしており、今世紀後半における脱炭素化が求められている。こうした脱炭素化には産業転換や政治的決断により、現在のエネルギー、経済、社会システムを迅速かつ抜本的に変えていくことが不可欠となり、今世紀中頃までにこうした急速な変革を如何に円滑に進めていくことができるかを戦略的に考えていくことが重要である。

本セッションでは、他国の経験を学び、低炭素戦略の策定にあたっての要点を同定し、また具体的な実施に向けて如何に前向きに課題を解決していくかを議論する。また、他国の長期低炭素戦略の先行事例を参照することで、日本における長期戦略を巡る議論への貢献を目指す。

今回、ドイツからは、ルール工業地帯におけるエネルギー多消費型産業の脱炭素化に向けた取り組みが紹介され、またフランスからは同国の低炭素戦略の概説、その課題と、具体的な取組みが紹介される予定である。

SSS

田村 堅太郎

IGES気候変動とエネルギー領域リサーチリーダー

SSS

ステファン・レッテンボーマー

ヴッパータール気候・環境・エネルギー研究所フューチャー・エネルギー・アンド・モビリティ・ストラクチャーズ ディレクター

  • PDF(xxxKB)

SSS

Stéfan Le Dû

Sustainable Development Councilor, Regional Economic Department, Embassy of France in Japan

  • PDF(xxxKB)

モデレーター

増井 利彦

国立環境研究所(NIES)社会環境システム研究センター統合環境経済研究室長

  • PDF(xxxKB)